ムシガレイの斑点

地元では「みずくさがれい」と言ってます。
背中の斑文があるのですが、側線に対して3対あると書いています。
しかし、違う個体なのに同じ数の斑文があるというのは全くもって不思議です。
DNAがおんなじだからと言われるとそうなんだと思いますが、
最初の個体はどこから来たのか…なんで斑文があるのか?
すごく気になるところですが、追及はしないでおきます。

いずれにしても、自分は「干してから焼く」のが大好きです。

関連記事

  1. 唐揚げ撮影!

  2. いわし対七輪

  3. ヒラメの漬けづくり、なぜ光ってる?

  4. お酒はぬるめの燗がいい・・・

  5. 「ぶりこ」ってなぜか…やめられない、とまらない!

  6. シタビラメ…ムニエルって響きがいいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。